任意整理のデメリット

このように、メリットのたくさんある任意整理ですが、もちろんデメリットもあります。任意整理はあくまで債権者との交渉になりますので、弁護士を依頼することが必要になり、弁護士への手続き費用がかかることです。知識や経験のない素人が交渉しても、うまくいかないからです。最近では、初回相談料が無料であったり、比較的安い報酬で任意整理を行ってくれる弁護士事務所もあるのでまずは相談することがおすすめです。

砂時計次に、残債と過払い金を相殺しても借金が残り、その後の返済を「元本分割返済と利息をカットする」といった条件で和解した場合、信用情報機関が保有する事故情報に掲載されるということです。いわゆるブラックリストと言われるものです。事故情報に掲載されると、5年程度はクレジットカードの発行ができなかったりローンを組めなかったりします。

また、最大の特徴が毎月決められた金額を返済するということですので、安定した収入があることが条件になります。しかしながら、必ずしも正社員で勤務しているという条件ではなく、パートやアルバイトの収入、毎月もらっている年金などでも場合によっては任意整理を実現できる場合があります。こちらも相談してみるとよいです。