未分類

任意整理のデメリット

このように、メリットのたくさんある任意整理ですが、もちろんデメリットもあります。任意整理はあくまで債権者との交渉になりますので、弁護士を依頼することが必要になり、弁護士への手続き費用がかかることです。知識や経験のない素人が交渉しても、うまくいかないからです。最近では、初回相談料が無料であったり、比較的安い報酬で任意整理を行ってくれる弁護士事務所もあるのでまずは相談することがおすすめです。

砂時計次に、残債と過払い金を相殺しても借金が残り、その後の返済を「元本分割返済と利息をカットする」といった条件で和解した場合、信用情報機関が保有する事故情報に掲載されるということです。いわゆるブラックリストと言われるものです。事故情報に掲載されると、5年程度はクレジットカードの発行ができなかったりローンを組めなかったりします。

また、最大の特徴が毎月決められた金額を返済するということですので、安定した収入があることが条件になります。しかしながら、必ずしも正社員で勤務しているという条件ではなく、パートやアルバイトの収入、毎月もらっている年金などでも場合によっては任意整理を実現できる場合があります。こちらも相談してみるとよいです。

未分類

任意整理のメリット

任意整理のメリットはたくさんあります。毎月の支払額と支払回数を交渉しますので無理のない範囲で借金を完済に近づくという方法ですので、一番多くの方が用いています。まず、裁判所などを通す法的整理ではありませんので、比較的面倒な手続きは不要です。官報に掲載されたりすることもありませんので、債務整理をしていることを知られずに済みます。

弁護士事務所任意整理を行っている多くの弁護士であれば、相談に行くとすぐに債権者とやり取りをしてくれます。弁護士は、受任通知を各金融業者に郵送します。この最大のメリットは、弁護士を通じてやり取りを行うことになるため、借金の取立てがストップすることです。

毎月の返済金額が減額されるということも任意整理のメリットです。特に、借金をしている期間が長い場合、法定金利以上の金利で借り入れていることも多く、いわゆる過払い金が発生する場合があります。その過払い金返還も同時に行え、場合によっては借金が相殺されることもあります。

任意整理は、元金の残りを返済することになりますので、利息や損害金の返済はなく計画的に返済できます。特定の業者と交渉しますので、融通も利きやすいですし返済計画が立てやすく私有財産を制限されることもありません。最後にデメリットについて説明します。

未分類

任意整理とは

数ある債務整理の中でメジャーな任意整理ですが、任意整理の意味はその名の通り任意で借金を整理することになります。任意整理の特徴は、裁判所などの公的機関を通さずに債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらうよう交渉することで借金を圧縮し、完済するという方法です。債権者と債務者が交渉をするのは一般的ではなく、弁護士など専門家が間に入って交渉するのがほとんどです。

お金お金を貸している貸金業者としても、自己破産などをして借金そのものがなくなってしまうと自社の大きな損失になります。それであれば、利息を多少減らしてでも元金を返してもらったほうが良いと考えるため、これはお互いにメリットがあります。

多くの場合、専門知識を持った弁護士が交渉することで、利息を減額する条件で和解ができます。本人が交渉を使用としても、貸金業者が強気な態度に出る場合もあります。ですが、その道に長けた弁護士ですと、交渉が成立する確率は上がります。手続きも比較的簡単ですし、例えば利息の高い業者だけを選んで任意整理をするという方法もあります。任意整理は、定期的な収入があって完済の意志があるけれども現状の利息では苦しい人に向いています。

未分類

債務整理の中の任意整理

毎月返済しても返済しても借金がなくならない・・・そんな人にとって借金を減らすための手段として法廷に認められているのが債務整理です。よく聞く自己破産なども債務整理の一つなのですが、自己破産をすると財産を持てないのではないかと思い、躊躇する人も少なくありません。

実は、債務整理にはいくつかの方法があり、必ずしも自分の財産を手放さないといけないわけではありません。債務整理についてよく調べ、そして自分の借金の状況や借入金の額、返済がどのくらいできるかなどといったことから、最適な債務整理の方法を選ぶことが必要です

通帳そのなかで一番メジャーな方法として、任意整理が挙げられます。任意整理とは、裁判所などを通じずに債権者と直接交渉して、将来の利息をカットしてから3年から5年間の期間を定めて残りの借金を返済していくという方法です。裁判所を通さないので、周りの人に債務整理をしていることを知られることもありません。

このような任意整理において、債権者と交渉するのは素人ではできません。そういったときは債務整理に長けている弁護士へ依頼するとよいでしょう。特に長期間の借り入れのある人は、過払い金が発生しているためもしかすると元金も減る可能性がありますし、過払い金が戻ってくる可能性もあります。ですので、借金を返していきたいという意思があり、それに見合った収入があるのであれば、早めに任意整理に取り掛かったほうがよいでしょう。