債務整理の中の任意整理

毎月返済しても返済しても借金がなくならない・・・そんな人にとって借金を減らすための手段として法廷に認められているのが債務整理です。よく聞く自己破産なども債務整理の一つなのですが、自己破産をすると財産を持てないのではないかと思い、躊躇する人も少なくありません。

実は、債務整理にはいくつかの方法があり、必ずしも自分の財産を手放さないといけないわけではありません。債務整理についてよく調べ、そして自分の借金の状況や借入金の額、返済がどのくらいできるかなどといったことから、最適な債務整理の方法を選ぶことが必要です

通帳そのなかで一番メジャーな方法として、任意整理が挙げられます。任意整理とは、裁判所などを通じずに債権者と直接交渉して、将来の利息をカットしてから3年から5年間の期間を定めて残りの借金を返済していくという方法です。裁判所を通さないので、周りの人に債務整理をしていることを知られることもありません。

このような任意整理において、債権者と交渉するのは素人ではできません。そういったときは債務整理に長けている弁護士へ依頼するとよいでしょう。特に長期間の借り入れのある人は、過払い金が発生しているためもしかすると元金も減る可能性がありますし、過払い金が戻ってくる可能性もあります。ですので、借金を返していきたいという意思があり、それに見合った収入があるのであれば、早めに任意整理に取り掛かったほうがよいでしょう。